人工呼吸器 用語集

| | | | | | | | | | | 全表示 | ◆別ウィンドウです。見終わったら閉じてね♪◆
[ | 管理用 ]

【か 行】

カプノグラフ(かぷのぐらふ)

【呼吸器関連用語】 Capmogmph
カプノグラフでモニターしているものは、呼気炭酸ガス濃度である。
呼吸が安定すれば、安定した呼気炭酸ガス濃度曲線が得られる。
呼気終末でプラトーぷらとーが形成されるなら、呼気終末炭酸ガス濃度(ETC02)は肺胞内炭酸ガス濃度とみなされる。
炭酸ガス分圧は動脈血と肺胞の間に大きな差がないので、ETC02は動脈血炭酸ガス濃度に近似できる。
しかし、呼吸数が多かったりして終末プラトーぷらとーカ形成されなければ、呼気炭酸ガス濃度によって動脈血炭酸ガス濃度を近似することはできない。
呼気炭酸ガス濃度を決定するのは、|沙瀬ス産生量、肺胞換気量、G拿朶(および換気血流関係)の3つである。
したがって、カプノグラフはこれら3つの総合的指標である。
これら3つのうち2つが一定であるなら、呼気炭酸ガス濃度は残りの1つの指標となる。


換気血流比の不均等分布(かんきけつりゅうひのふきんとうぶんぷ)

【呼吸器関連用語】 V/Qミスマッチぶいきゅーみすまっち
換気血流比とは換気と血流の分布の一致性を表す指標。
1に近ければ理想的で,正常の比はO.8。
換気のある部位に血流がなかったり,血流がある部位に換気がなかったりすると,低酸素血症を生じるということ。


還元ヘモグ□ビン(かんげんへもぐろびん)

【呼吸器関連用語】
酸素が解離した(ついていない)ヘモグロビンをさしていう。


緩衝塩基(かんしょうえんき)

【呼吸器関連用語】 ⇒BBばふぁーべーす


陥没呼吸(かんぼつこきゅう)

【病態】
上気道閉塞時などの急性呼吸不全きゅうせいこきゅうふぜん時に,強い努力性呼吸のために下気道に強い陰圧が生じ,肋間や胸骨切痕上などの部位が体の内方に向かって陥没すること。
気道および呼吸系の危機と判断し早急に対処が必要である。


奇異呼吸(きいこきゅう)

【病態】
呼吸不全こきゅうふぜん時には横隔膜,肋問筋やその他の呼吸補助筋が疲労するために,胸郭運動に対する協調性が悪くなる。
その結果,吸気時の横隔膜の収縮に対して肋間筋収縮が遅れるために,腹が膨らみ胸が陥凹するパターンとなる。


気胸(ききょう)

【病名】
なんらかの理由で肺が破裂して,胸腔に空気が溜まってきた状態。
人工呼吸中に気道内圧きどうないあつが高くなると生じる可能性があり、このような場合、圧外傷あつがいしょうとよぶ。
進行すると緊張性気胸となり,心停止が切迫するので早急に対処が必要。


気道内圧(きどうないあつ)

【呼吸器関連用語】airway pressure
その名のとおり、気道内にかかる圧のこと。
一般に使われている人工呼吸では気道内が陽圧になり、気胸ききょうなどの圧外傷あつがいしょうをきたす恐れがあるため、気道内圧のモニターは重要である。
気道内圧を左右するものに、吸気圧きゅうきあつ一回換気量いっかいかんきりょう吸気流速きゅうきりゅうそく、気道抵抗、PEEPぴーぷコンプライアンスこんぷらいあんす、吸気努力、咳嗽反射、などさまざまな要因がある。


機能的残気量(きのうてきざんきりょう)

【呼吸器関連用語】FRCえふあーるしー  functional residual capacity
安静呼気時に肺の中に残存しているガス量。


吸気圧(きゅうきあつ)

【呼吸器関連用語】inspiratory pressure 
人工呼吸器によって換気されるとき、気道内にかかる圧のこと。
吸気圧は従量式(量規定式)人工呼吸では一回換気量いっかいかんきりょう,PEEPぴーぷ,気道抵抗,肺胸郭コンプライアンスこんぷらいあんす,吸気流量によって変化する。
従圧式(圧規定式)人工呼吸では最高気道内圧さいこうきどうないあつ(PIP)が設定されているので,一回換気量いっかいかんきりょうが変化する。


吸気終末プラトー(きゅうきしゅうまつぷらとー)

【呼吸器関連用語】 ElPいーあいぴー end-inspiratory plateau  プラトーぷらとー(Plateau)
吸気が終了してもすぐに呼気を開始しないで,そのままの高い気道内圧きどうないあつを保つこと。
これにより肺内の吸気ガス分布が改善し酸素化が改善する。


吸気時間呼気時間比(きゅうきじかんこきじかんひ)

【呼吸器関連用語】
吸気時間と呼気時間の割合
I:E比あいいーひ


吸気相(きゅうきそう)

【呼吸器関連用語】 insp.
人工呼吸器の吸気弁が開いてから吸気ガスが患者に供給されている相。
気道内圧きどうないあつが徐々に高まる相。


吸気フローパターン(きゅうきふろーぱたーん)

【呼吸器関連用語】
通常回路内の流速波形(流速の経時的変化)をさす。
矩形波形,台形波形(漸増型,漸減型),S状(サインカーブ)波形など。


吸気ポーズ(きゅうきぽーず)

【呼吸器関連用語】
吸気終末プラトーきゅうきしゅうまつぷらとー


吸気流速(きゅうきりゅうそく)

【呼吸器関連用語】 inspratory flow
単位時間に送り込まれる吸気。ガスを送り込むスピード。
従量式(量規定式)人工呼吸(一回換気量いっかいかんきりょうが一定)の場合,吸気流速を変えると,吸気波形や吸気時間も影響を受けて変わる。
⇒ピークフロー


急性呼吸窮迫症候群(きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん)

【病名】ARDSえーあーるでぃーえす
急性発症し、X線写真上両側び慢性の浸潤影を認め、酸素化障害があり、心不全に起因してない(非心原性)をいう。
原因は多岐にわたり、敗血症や多臓器不全と関連する。


急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうさくはくしょうこうぐん)

【病名】ARDSえーあーるでぃーえす
急性呼吸窮迫症候群きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん


急性呼吸不全(きゅうせいこきゅうふぜん)

【病名】acute respiratory failure
呼吸不全こきゅうふぜんとは,原因のいかんを問わず,Pa02とPaC02の異常により生体が正常の機能を営めなくなった状態をさし,空気吸入下でPa02≦60mmHg(8kPa)に相当する呼吸障害と定義される。
週単位で悪化するものを急性呼吸不全という。


吸入気酸素濃度(きゅうにゅうきさんそのうど)

【呼吸器関連用語】えふIO2
空気の吸入ではFI02=O.21(21%)。純酸素はFI02=1.0(100%)。
酸素による毒性を考え,FI02はできるだけO.6より低く設定することが推奨される。


強制分時換気(きょうせいふんじかんき)

【モード名】mandatory minute ventilation  MMVえむえむぶい
患者白身の分時換気量ふんじかんきりょうが一定値以下になった場合に、設定された強制換気を開始すること。
最低分時換気さいていふんじかんきとほぼ同義。


ギラン・バレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)

【病名】Guillain-Barre syndrome
上気道感染や下痢などの先行感染症状の後に,四肢の脱力をきたすような運動神経障害を主体とする末梢神経障害である。
呼吸筋力低下に伴う肺胞低換気ていかんきや咽頭喉頭筋力の低下に対して挿管,人工呼吸が必要なことがある。


経皮的気管穿刺(けいひてききかんせんし)

【処置・検査】
輪状甲状靱帯を穿刺すること。
気道分泌物の多い患者に対してて気道浄化目的で細いカニューレを挿人したり、緊急時の気道確保として穿刺する場合もある。
この際、HFVえいちえふぶいをここから行うことも可能である。


高頻度換気(こうひんどかんき)

【モード名】HFVえいちえふぶい
1回換気量を3−4ml/kgを用い、1−2Hz(60−100回/分)の換気を行う方法である。


高頻度ジェット換気法(こうひんどじぇっとかんきほう)

【モード名】HFJV


呼気終末ゼロ圧(こきしゅうまつぜろあつ)

【呼吸器関連用語】ZEEPじーぷ


呼気終末陽圧(こきしゅうまつようあつ)

【呼吸器関連用語】PEEPぴーぷ


呼気相(こきそう)

【呼吸器関連用語】exp.
呼気弁が開放して呼気カ耕出される相で、通常患者の胸郭の弾性や気道抵抗により呼気がもたらされる。
PEEPぴーぷはこの相にかけられる圧である。


呼気抵抗(こきていこう)

【呼吸器関連用語】
呼気相こきそうに生じる抵抗をさす。
自身の気道抵抗や気管チューブ、蛇管などの呼気回路の抵抗、さらに呼気弁の抵抗などがある。


呼気分時換気量(こきふんじかんきりょう)

【呼吸器関連用語】VEぶいいー  expiratory minute volume
1分問に換気する量。
量規定式人工呼吸りょうきていしきじんこうこきゅうなら呼気一回換気量いっかいかんきりょう×1分問の呼吸回数である。
呼吸回路におけるリークを検出するには、呼気の分時換気量ふんじかんきりょうを測定するほうが安全である。


呼吸不全(こきゅうふぜん)

【病名】
種々の原因によりPa02とPaC02が異常値を示し、生体が正常な機能を営めなくなった状態。
空気吸入下のPa02が60mmHg(8kPa)以下の呼吸障害をさし、PaC02が正常なものはI型(酸素化障害)、PaC02が45mmHg(6kPa)を超えて異常なものを況(換気障害)と分類する。


混合静脈血(こんごうじょうみゃくけつ)

【呼吸器関連用語】
肺動脈血のこと。
酸素化を受ける直前の血液で、酸素飽和度が非常に低い。


コンプライアンス(こんぷらいあんす)

【呼吸器関連用語】
肺や胸郭の伸びやさを表す指標。
圧変化に対する容量変化の割合。
コンプライアンスが高いとは伸びやすいということ。
肺炎、ARDSえーあーるでぃーえす、心不全などの病的状態では一般的にコンプライアンスは低下する。


Powered by hds-1.00-beta8, Hyper Dictionary System