記事一覧

司法書士による裁判手続について

今までは裁判=弁護士でしたが、平成15年に司法書士法が改正され法務省の認定を受けた司法書士は140万円までの訴訟に関しては当事者の代理人となって裁判所に出向き、法廷において弁論を行うことはもちろんのこと、証拠調べ(証人尋問)や和解、仮差押、仮処分などを含めた様々な裁判上の手続を行うことができるようになりました。
もちろん当事務所は認定司法書士です。

「裁判」というととても敷居が高く感じられ、縁のないものだと言われる方も多いでしょう。
けれども日常生活のうえでやむを得ずトラブルに巻き込まれた場合、どうにかして自分で解決しよう思っても昔のように地域との密接な係わり合いがあれば仲介を頼むなどして人情で片付く部分もあったのでしょうが、マンションやアパートも増える中ご近所の方の名前すら分からないのが現状なようです。

こうした社会において裁判とはスムーズに争いごとを解決する手段の一つです。
どうしても自分一人では解決できない問題に遭遇したときに、身近な法律家として法律面でのアドバイスはもちろんのこと、裁判となった場合の書類作成のお手伝い、必要に応じてその代理を行うのが司法書士の大切な業務の一つです。

【 裁判の例( 一部) 】

  • 土地・建物明渡し請求
  • 貸金・売掛金等の金銭請求(貸したお金・売買代金・請負代金等の請求)
  • 賃料請求(家賃の支払請求)
  • 敷金返還請求
  • 未払い賃金請求
  • 過払金返還請求

過払い金返還請求について

近年、法外な利息を消費者金融に長年払い続け、その結果過払金が生じている方が多数いらっしゃいます。
そのような方々からの過払い金返還請求が急増し、消費者金融も簡単には請求に応じなくなっています。
しかし、過払金返還請求は、高い金利を払い続けた人々にとって正当な権利です。

当事務所では、過払い金返還請求の訴訟を支援しております。



裁判所の判決に不服のある方へ

裁判所の判決に不満を感じる方、勝つはずの裁判で思わぬ結果になってしまった方へ。
判決が出たからといって、あきらめてはいけません。
当事務所では、上訴をされる方のサポートをしております。